東京の便利屋(全国対応) 24時間年中無休 当日・夜間の依頼も対応可能
便利屋東京ヘルパーズ
0120−876−806

業務内容
不用品・粗大ゴミ・生活ゴミ回収処分 引越し・運搬代行 組立て・移動・設置代行 掃除・整理・収納代行 買い物・並び代行 人材派遣・各種代行 その他の業務

過去の実例、お客様の声@
実例Aへ

実例とともにお客様の声や私どもが感じた事を紹介します。
プライバシー厳守のため、個人が特定されるような情報を掲載することはありません。


<不用品・粗大ゴミ回収処分・ゴミ捨て代行>

実例1 依頼人:20代(推測)女性
引越しをすることになったので、大量に溜まったゴミと不用な家具や電化製品を処分して欲しい、また部屋のクリーニングもして欲しいという依頼。
ワンルームのアパートでしたが、玄関から部屋の奥までゴミの山。天井すれすれまでゴミが積み重ねられ、立つことも出来ない状態。いわゆるゴミ屋敷。
このようなケースは決して特別なものではありません。
実は、この依頼人と同じような状況で困っている方は非常に多いのです。
私どもはこのような状況になった理由などは一切お聞きしていません。不用品やゴミ捨ての代行、お手伝いをすることが私どもの業務であり、それ以外のプライバシーに関することを知る必要はないからです。
さらに私どもは、このような状況を何度も経験しているため驚くことはありません。むしろ、いつもこう考えます。「短時間できれいに片付けてお客様をびっくりさせたい。思い切って決断して良かったと感じてもらいたい。」
依頼人が女性だったこともあり、女性スタッフを含め4名派遣。依頼人の都合により、2日間に分けて作業を実施。
処分してはいけない物をあらかじめ聞き、まず玄関からスタート。その後、手前側と天井側の2箇所に分かれて猛スピードで処理していきました。ゴミの山がどんどん低くなっていき、床のあたりまでくると6年前の新聞が出てきました。長い年月をかけて溜まった事を物語っていました。
ゴミと不用な家具を片付けた後、クリーニングを実施。依頼人も驚くほどきれいになりました。
そして近隣の方にご迷惑を掛けることもなく無事終了。
依頼された方は、「引越しが5日後に迫っていてどうしようかと悩んでいたけれど、頼んで良かったです。自分の部屋ってこんなに広かったんですね。ありがとうございました。」とおっしゃっていました。
新たな生活に向けたお手伝いが出来て良かったです。

実例2 依頼人:60代(推測)女性
以前住んでいた団地の部屋に、無人のまま何年もゴミや不用品を放置したままなので、それらをすべて処分して欲しいとう依頼。
部屋は窓が開けっ放しで、ハトが入り込み、巣を作っている状態でした。ハトの糞で臭いも強烈でした。
スタッフ3名でさっそく作業開始。作業中、同じ階に住んでいる何名かの住人の方に、「あの部屋を片付けているの?」と聞かれ、さらに「頑張って」と声を掛けていただきました。どうやら、以前からこの部屋の臭いのせいでまわりの住人に迷惑がかかっていたようです。我々スタッフは彼らのためにもと使命感を強め、3時間で作業を終了させました。臭いはすぐには消えませんでしたが、部屋はすっきりときれいになりました。
依頼された方は初め、「いつかは片付けなければと思いながらも、ずっとそのままにしてしまったんです。こんな状態でもやってもらえるんですか?」と心配していましたが、作業終了後、すっきりとした部屋を見て、「片付いて本当に良かったです」と安堵の表情をしながら目に涙を浮かべていました。
依頼された方だけでなく、近隣の方も困っていた今回の一件。我々スタッフも困っている方の手助けができて良かったと満足させてもらえました。

実例3 依頼人:30代(推測)女性

数年間で溜まったゴミの処分とハウスクリーニングの依頼。
迅速に片付けたあと、部屋全体の掃除も実施しました。
画像でお伝えします。

 (作業前の状態)

     
     玄関       玄関から奥      キッチン       トイレ

   
   バスルーム     奥の部屋

 (作業中)

 
  迅速に作業

 (片付け・クリーニング後の状態)

     
   玄関から奥      キッチン        トイレ      バスルーム

 
   奥の部屋


<引越し・運搬代行>

実例4 依頼人:一人暮らしの20代(推測)男性
引越しをすることになったが、冷蔵庫と洗濯機を兄に譲りたいので、兄の家と新居の2箇所に運んで欲しい。さらに不用なベッドとマットレス、タンスの処分と荷物を搬出したあとの部屋のクリーニングもお願いしたいという依頼。
部屋の引渡しが当日の午後に迫っているので、午前中にはクリーニングまで済ませて欲しいとのことでした。
依頼された方もお手伝いいただけるという前提でスタッフ2名派遣。
早朝より作業開始。迅速に荷物・不用品をすべて積み込み、部屋のクリーニングを終えたのは午前11:00頃でした。時間内に終了して依頼された方はホッとしていました。
その後、お兄様の家に冷蔵庫と洗濯機を運び、さらに新居に残りの荷物を無事運び終えました。
依頼された方にすべて終了した事をお伝えすると、こう言っていただけました。「最初、引越し屋に頼もうと思っていたが、いろんなことを同時に頼めるから便利屋にしたんです。便利屋は初めてだけど本当に便利ですね。」
新居には女性(婚約者とのことでした)が荷物が届くのを待っていました。
新たな生活に向けたお手伝いが出来て良かったです。お幸せに!

実例5 依頼人:某企業の女性担当者

事務所の引越しと事務用机の組立て・設置の依頼。
女性ばかりなので自分たちにはできないのでお願いしたいということでした。
いかにもやり手といった感じの女性で、現場での指示も的確でした。
スタッフ2名でパソコンなどの精密機器にとくに気を配りつつ、迅速に積み込み移動。移転先に搬入後、新規購入したという事務用机を組立て、指示どおりのレイアウトで設置しました。
この女性には、その後も2度ほど別の事務所移転の依頼をいただいています。業績好調で積極的に事業拡大をしているという印象でした。他の女性社員も一様に明るく、好調な会社は働く人も活気があることを改めて感じさせてもらいました。


実例6 依頼人:30代(推測)女性

引越しが2日後に迫っているが、梱包が間に合わないので明日手伝って欲しいという依頼。
依頼人宅に伺うと1歳か2歳の小さなお子さんがおられました。
きっとお子さんの事で手が放せなくて、梱包の時間がなくなってしまったんだろうと思いました。
引越し自体はすでに引越し業者に頼んでいて、明日の午前中には来てしまうから今日中に荷造りをすべて済ませたいということでした。
ダンボールなどすべて用意されていたので、素早くかつ食器などの割れ物にはとくに気をつけながら梱包していきました。梱包後は依頼された方にダンボールに内容物をマジックで記入していただくという流れ。それでも3時間かかりようやく終了。これ、依頼人1人でやっていたらまず終わらなかっただろうと感じる量でした。
「困って友達に相談したら、便利屋に頼んでみたら、と言われて問合せしたんですよ。」とおっしゃっていました。
まだまだ便利屋の認知度は低いと感じますが、一人ひとりの困り事を迅速・丁寧に解決させてもらうことで少しずつ便利屋を安心して気軽に頼める環境にしていきたいと思っています。
この女性にはその後も不用品処分、新商品の発売日の店頭並び、といった依頼を繰り返しいただいています。女性の方のリピートが多いのが「便利屋東京ヘルパーズ」の特徴のひとつです。

        
手間のかかる食器類も→ 女性スタッフが → 迅速・丁寧に →   梱包します




トップ 実例紹介 お客様の声 ご依頼・実施・お支払いの流れ お問合せ 会社案内 
不用品・粗大ゴミ・生活ゴミ回収処分 引越し・運搬代行 組立て・移動・設置代行
掃除・整理・収納代行
 買い物・並び代行 人材派遣・各種代行 その他の業務
東京の便利屋(全国対応) 24時間年中無休 当日・夜間の依頼も対応可能
東京便利屋ヘルパーズ
0120−876−806
Copyright (C) 2011 tokyobenriya-kaisokuservice.All Rights Reserved.

東京都産業廃棄物収集運搬業 第13-00-153598号